バイクの事故で良くあるトラブル

良くあるトラブル
Q 渋滞中のクルマの横をすり抜け中、ガソリンスタンドに入ろうとし右折してきたクルマにぶつけられた。
直進していて一方的にぶつけられたのに、なぜか相手の保険会社は当方にも過失があると言ってきたので納得がいかない。

    バイクも含め自動車同士の場合、ほとんどのケースで加害者、被害者双方に過失が発生します。ただ、被害者側は過失を認めようとしないケースが多く、示談交渉が纏まらない原因となります。
    直進車両優先ですが、直進車両にも前方不注意の過失が発生します。


Q 信号のある交差点を直進中、右折車両が急発進してきてよけきれずに接触、転倒した。
道路交通法では直進車両が優先なのに、なぜか相手の保険会社は当方にも過失があると言ってきたので納得がいかない

    バイクも含め自動車同士の場合、ほとんどのケースで加害者、被害者双方に過失が発生します。ただ、被害者側は過失を認めようとしないケースが多く、示談交渉がまとまらない原因となります。直進車両優先ですが、直進車両にも前方不注意の過失が発生します。


Q 交通事故で怪我をしたのでハリ、灸、マッサージを受けたが、相手の保険会社はこの治療費(ハリ、灸、マッサージ)は補償できないといってきたが、納得がいかない。

    医師の指示でハリ、灸、マッサージを受けたのでなければ、認められません。健康保険が適用にならない治療は自動車保険でも補償されません。


Q 友人にバイクを貸したら事故を起こして、けが人は出なかったものの、当方のバイクは全損となってしまった。友人はクルマを所持しており、任意保険も車両保険があるSAPで契約しているので、クルマの保険で補償してもらえないか?

    クルマの自動車保険の他社運転危険担保特約はバイクには適用されません。友人が自腹を切ってくれない限りどこからも補償は受けられません。


Q 友人にバイクを貸したら事故を起こして、相手の被害者は重体、当方のバイクも全損となってしまった。バイクには任意保険はかけてあるが等級があがるのでできれば使いたくない。だいたい運転していたのは友人なで、当方は関知しない。

    友人だけでなく所有者にも賠償責任が発生します。運転者に賠償する資力がない場合は、所有者が賠償をしなければなりません。


Q 信号待ちをしていたら後ろから追突されて、バイクは全損となった。1年前に新車で購入したバイクなのに、相手の保険会社は時価額しか出せないと言ってきた、当方は新車と買い変えててもらいたいのに、時価額とは納得がいかない。

たとえ数ヶ月でも乗っていれば立派な中古車です。問題は時価額の算出です。保険会社の言いなりにならず、自分でも中古価格を調べて多少でも増額されるように努力してください。
これは、ご自身でバイクを購入するケースを考えると分かりやすいと思います。「このバイクはまだ半年しか乗られていないので新車です」と販売員に言われても、たいていの人は「中古車じゃないの」と怒るでしょう。


Q 当方は入院するほどの重傷なのに加害者は見舞いはおろかお詫びにもこない。当初は相手の保険会社が提示してきた賠償金額で納得していたが、相手に誠意が感じられないので、賠償額を上乗せして示談したいが、相手の保険会社は理不尽にも当方の言い分を聞いてくれない。

損害賠償では相手の誠意が無い分を上乗せして請求してもほとんどの場合、認められません。ただ、相手の刑事罰がまだ決まっていなければ、相手に誠意が全く感じられない旨を警察等に訴えれば、相手の刑事罰は重くなります。


Q 交通事故でバイクは全損、自身も怪我をして1ヶ月間入院したが、事故の相手はクルマに任意保険を契約していないので賠償はできないと言ってきた。

怪我の補償は自賠責保険から120万円を限度に支払われます。治療費、休業損害、慰謝料等が含まれます。120万円を越えた金額とバイクの損害は事故の相手に直接請求することになります。


Q 任意保険と自賠責保険の双方に未加入の無保険車に追突されたが、相手は賠償できる資力はなかった。 

任意保険と自賠責保険の双方に未加入の無保険車と事故にあった場合、人身事故に限り十分な額とはいえませんが、政府補償制度から補償金が支給されます(自賠責保険の支払機順に準じます)。


Q センターラインのない幅員6m弱の道路の左カーブを曲がったらクルマが止まっていたのでそれをよけようとして事故となってしまった。見通しの悪い道路のしかもカーブに駐車していたのだから駐車違反車にも過失があるのではないか?

    駐停車中のクルマに過失を認めるかはケースバイケースですが、交差点や見通しの悪い道での駐停車は過失を問われる場合が多くなっています。


Q センターラインのない幅員6m弱の道路を直進していたら、前を走っていたタクシーが客を乗せるために急に停車し、それを避けるために急ハンドルを切って何とかタクシーをよけたが対向車をよけきれず、対向車と接触、転倒してしまった。タクシーが急停車しなければ事故は起こらなかったはずで、ぶつかっては居ないがタクシーにも過失はあるのではないか?

広義の自動車の運転とは自動車の格納場所から格納場所まで移動することを言います。そのため駐停車は自動車の運転中になります。ですから当然、タクシーにも過失が発生します。


Q 盗まれたバイクが事故を起こした。当方も被害者に賠償しなければならないのか?

バイクが盗まれた状況によります。例えばキーを着けっぱなしにして駐停車していたら賠償責任が発生します。逆にキーを抜いてアパートやマンション、自宅の所定の場所に駐車していれば、賠償責任を問われることはありません。
また物損事故だけでしたら、賠償責任は発生しません。


Q バイクに乗ろうとしたときに立ちゴケしてしまい、隣に停めてあったクルマに傷を着けてしまった。これは自動車保険で補償されるのか?

    自動車保険の対物賠償で補償されます。ただし、翌年以降等級があがることによる保険料の負担増とクルマの修理費用とどちらが高いかを判断してから保険を使うか決めて下さい。しっかりした保険会社ですと、事前に確認してくれます。


Q 示談交渉中だが事故による怪我で会社を休んでいるので、経済的負担が大きい。何とか相手から損害の一部でももらえないか?

人身事故なら自賠責保険の被害者請求が利用できます。仮渡金といって示談成立前でも、一定の金額が支払われます。支払われる金額は死亡時290万円、傷害では程度により40万円、20万円、5万円です。
他に内払金制度もあり、これは傷害に対してのみですが確定した治療費や休業損害を10万円単位で請求できます。
また任意保険からも、保険会社から確定した損害に対しては支払ってくれます。(休業損害や治療費など)


Q 相手の保険会社は健康保険を使用して治療を受けてくれと言ってきたが、治療を受けている病院は、交通事故は健康保険が使えないと言っている。当方は病院の言うことを信じているので、嘘を付く保険会社は信用できない。

    交通事故でも健康保険は使用できます。病院は自由診療の方がいろいろとメリットが多いのでそう言っているだけです。
    特に被害者の過失割合が多きときは相手からの賠償金額も減額される場合が有りますから健康保険を使用した方が特です。

ページのトップ

Ads by Google

Ads by 楽天市場

Ads by Amazon